2012年03月15日

茨城県の犬処分、全国最多6年連続 10年度3589頭

2010年度の茨城県の犬の処分頭数が都道府県別で全国最多だったことが14日までに、NPO法人「地球生物会議ALIVE」(東京都)による全国動物行政アンケートで分かった。最多となったのは6年連続。本県の処分頭数は前年度より519頭減り、3589頭(12・6%減)となったが、他の都道府県も減ったため、今回もワーストの汚名を返上することはできず、依然として飼い主のマナーが問われる結果となった。

県生活衛生課によると、3589頭のうち成犬は2099頭、子犬は1490頭。鹿行や県西地域からの処分頭数が比較的多いという。他県に比べて放し飼いをしている家庭も多いため、野良犬化するケースも目立ち、捕獲頭数は2944頭にも及んだ。

県は10年度、安易な放棄を防ぐために、各市町村の決まった場所と日時で実施してきた「定時定点回収」を全廃。引き取りの窓口になっている県動物指導センター(笠間市)では持ち込む飼い主に対し、
「新しい飼い主を探したか」と強く迫ったり、処分までのDVD映像を見せるなどして翻意を促しているが、放棄は665頭に上った。

このほか、飼い主が判明しないまま保護された犬は761頭を数え、同センターは計4370頭を収容した。このうち、飼い主に返還されたのはわずか153頭で、新たな飼い主が見付かり譲渡されたのは
696頭にとどまっている。

県は本年度、同センターでの保管期間を7日間に延ばし、返還や譲渡の機会を増やしたこともあり、昨年12月末までの処分頭数は前年同時期比の13・2%減の2521頭となっている。

ALIVE茨城の堀江尚子さんは「ワーストが続いているのは行政の怠慢そのもの。地域にはそれぞれ特性がある。地域に合ったきめ細やかな対策が必要だ」と指摘。同課は「最多は大変残念だが、今後も処分数ゼロを目指して頑張りたい」としている。

調査はALIVEが動物行政を所管する都道府県や政令指定市など全自治体に対して実施。1997年度に始まり、99年度からは毎年行われ、回答率は100%。全国の合計処分数は前年度比18・9%減の5万3473頭。ワースト2位は3356頭の沖縄県、3位は2705頭の広島県だった。

[ALIVE-newsより転載]
posted by inc-fukuoka at 14:18| いぬねこニュース

2012年03月13日

3月20日「わんにゃんよかイベントinあにまるぽーと」イベント開催のご案内

福岡市東部動物管理センターふれあい広場の「ドームテント」完成を記念して、東部動物管理センターで初めての「わんにゃんよかイベント」となる、「わんにゃんよかイベントinあにまるぽーと」を開催されます。

【日時】3月20日(火・祝日)10時〜14時
【場所】東部動物管理センター(東区蒲田5丁目10番1号)
【内容】・ドームテントオープニングセレモニー
    ・動物管理センターから譲渡された犬の同窓会
    ・家庭犬のしつけ方講習会 など

詳細は、「わんにゃんよかイベントinあにまるぽーと」をご覧ください。
posted by inc-fukuoka at 14:44| いぬねこニュース

2012年01月24日

動愛法施行令の改正にかかるパブリックコメントの集計結果

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」にかかるパブリックコメントの集計結果が環境省を発表されました。

2011年11月9日から12月7日の間で意見募集を行った結果、合計32,974件の意見が寄せられたそうです。

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」にかかるパブリックコメントの集計結果
posted by inc-fukuoka at 14:34| いぬねこニュース

2012年01月19日

動物愛護法改正が予定される通常国会が1月24日から始まります。

[ALIVE-news]より転載

動物愛護法は当初、内閣法(省庁が改正案を作成)での改正を想定し、環境省が主導で改正案をまとめようとしていましたが、予定が変わり、前回や前々回の改正同様、議員立法(議員や政党が法案を作成)で改正されることになりました。よって各政党の意見や国会議員の動きが重みを持ちます。

今まではパブリックコメントでの環境省への意見提出が重要課題でしたが、今後は議員や政党への働きかけが重要になります。

今後、各政党のワーキングチームやプロジェクトチームで法案がまとめられ、その後衆参の環境委員会を通して国会へ提出されますが、実質的な法案の中身の審議は、この各政党のワーキングチームや
プロジェクトチームの議論でほとんど決まってしまいます。この作業を通して3月中までには、各政党の素案がまとめられると考えられます。
よって3月までが私たちの要望を訴えるために残された期間です。

動物愛護法は5年毎の見直しが定められていますが、実際に改正されるのは6−7年毎です。
今回改正が実現しなければ、また何年も動物実験に対して法規制がなく、実態把握も行政監督もできない状態が続くことになります。

環境省が平成23年11月から12月にかけて行ったパブリックコメントでは、実験動物の取扱いについて、規制すべき、規制を強化すべき、という意見が24,286件寄せられていますが、12以上の実験動物に関連する学会や業界団体が、動物実験/実験動物について見直す必要がないという要望を出しており、全く予断を許しません。

今度こそ、動物実験/実験動物の法改正を実現するために、国会議員や政党へ、民意は動物実験の規制にあることを、メールや手紙、FAXで呼びかけていきましょう。

民主党 動物愛護法改正ワーキングチーム
座長 田島一成(衆議院・滋賀2区)
事務局長 岡本英子(衆議院・神奈川3区(鶴見区・神奈川区))

自民党 動物愛護議員連盟
幹事長 松浪健太(衆議院・大阪10区(高槻市・島本町))
事務局長 三原じゅん子(参議院・比例代表)

公明党 動物愛護管理推進委員会
委員長 高木美智代(衆議院・比例区東京ブロック)
公明党 環境部会
部会長 加藤修一(参議院・比例代表)

その他の議員や政党の連絡先は「ジュルのしっぽ」さんの記事を参考にしてください。

2012年動物愛護法改正を求めるネット署名にご協力ください!
※記事とリンク、署名の拡散にご協力をお願い致します。

動物実験の法制度改善を求めるネットワーク
posted by inc-fukuoka at 15:18| いぬねこニュース

全国で1日に655匹もの犬や猫が殺処分になっている理由は何だろう?

「犬と猫と人間と」の映画監督の飯田基晴さんと動物の殺処分に関する著書の多い作家、渡辺真子さんによる「いのちの授業」が開催されました。ぜひここ福岡でも実施して頂きたいです!この授業は、小中高校を対象に、交通費のみで無料で実施して頂けるようです!

問い合わせ → ローポジション(電)045・228・7996

命の重さ、動物の幸せ議論 中学生が「いのちの授業」
(産経ニュース 2012.1.18)
posted by inc-fukuoka at 10:25| いぬねこニュース